マイナスか儲けかは読み方工程なのでしょうか?

セコハンで買ったマツダのプレマシーをガシガシ乗っていました。わが家は3ヤツ家族で、ゴルフやキャンプが好きなので積荷が多く、3ヤツとしてはおっきい車でしたが重宝していました。が、1月の寒い昼前、やっとエンジンがかからなくなりました。車内光線を振りかけっぱなしにしたといったことではなく、単純にバッテリーが古くなり禁物になってしまったのです。これを機に差し替えを考えるようになりました。プレマシーの前の車もセコハンで購入していたので、いつの間にかセコハンで考えていましたが、理想の車にどうしても会えず苦労しました。ぽっきり機会を同じくしてファミリーが高まることとなった結果、プレマシークラスまたは惜しくも高い車、たとえば日産セレナ、トヨタヴォクシーあたりで、売り値は200万円以下、5階層落ち程度のものを希望していました。セコハン車企業でプレマシーをみてもらった企業8万円程度で買取といういわれましたが、10階層落ちとはいえ損傷もなく状態もいいと感じていたので、セコハン車を見い出しつつ、益々買取条件の良い店舗も探していました。因みに買取専門店による気はなかったものの、ひとまず査定してもらった企業頑張って12万円とのことでした。1か月ほど懸命に希望の車を探し出しましたがラッキーの顔合わせがなく、冷やかし半数で新設車を行くことにしました。なのでラッキーの顔合わせが。ホンダの歩きワゴンのワクワクゲートという観音開きになる裏入口にいたくひかれてしまったのです。初まぶたの日光に試乗もし、セコハン車といっていたはずなのに徹頭徹尾新設車奪取一筋に殴り込み。新設車が良いに決まっていますがいざこざは売り値だ。幸か不幸か2月収の決算を眼前としていた折で役目ショップがまったく勉強してもらえるってプッシュしてきました。もっと、ダメ押しされたのはプレマシーを25万円で下取りするという点だ。今までよくて12万円だったのがダブルを掲載され、簡単に新設車奪取に印鑑を押しました。元来、ショップが勉強して受け取るといっていたのは売り値本人にではなく、カーナビの時点を売り値そのままにアップしてくれたり、オーディオの器具を無料でつけてくれたりといったことだったので、後半取売り値から自分で調べた市価売り値を差し引いたものが、実質的な値引き売り値だったということになります。10階層落ちのプレマシーで下取25万円ついた!となると困難儲けをしたようですが、この場合どうなのでしょうか?値引きとめるならずっと後半取売り値を上げてくれとごねるべきだったのかな?って心からダラダラ思ったりもします。